¥5,400 以上購入で送料無料

HerbEAU

Blog & Column

エルボのモノ、コト、ヒト

May 1st 2017 

肌の歳時記〈5月〉いわゆる「シミ」について~日光黒子、日光性色素斑

5月になり暖かくなると、紫外線が強くなってきます。
そこで今回からは、何回かにわたって、紫外線と皮ふの病気について書いていきたいと思います。

紫外線と皮ふの病気の中で特に女性の皆さんが気になるのは、「シミ」だと思います。
一般的に「シミ」と呼ばれているものは、「日光黒子」、「日光性色素斑」といいます。
薄茶色で、その形状は、輪郭がハッキリとした円形のものや、円形に近いもの、
形が定まらずにいびつなものと様々です。

「シミ」は、紫外線を浴びて急にできるものではなく、今まで浴びてきた紫外線のダメージが蓄積されることで生じてきます。そのダメージの中でも特に悪玉因子として重要なものが活性酸素です。

長崎の離島・奈留島の原生種のびわを、実・種・葉まるごと使用した
エルボ ビワパーフェクトオールインワンジェルの主成分であるびわの発酵エキスLOQZIN®(ロクジン)には、
遺伝子発現を促すことで紫外線による炎症を抑え「シミ」の原因となる活性酸素をおさえる働きがあります。

〈シミのできるプロセス〉

〈ロクジンがシミの原因となる活性酸素がおさえます〉

紫外線を浴びたら、その日のうちにしっかりスキンケアを行い、肌への影響を残さないようにしましょう。
LOQZIN®(ロクジン)を使ったエルボのフィトシューティカル


ビワパーフェクトオールインワンジェルの詳細はこちら

Scroll TOP