¥5,400 以上購入で送料無料

HerbEAU

Blog & Column

エルボのモノ、コト、ヒト

August 6th 2017 

肌の歳時記〈8月〉糖化による皮膚の変化について

皆さん、糖化(とうか)という言葉を聞いたことがありますか?
糖化とは、糖とタンパク質や脂質が結びつく反応のことです。

実は、最近この糖化が肌や体の老化と深く関係していると話題になっています。
やわらかい白い食パンにバターと砂糖をつけて、トーストすると固く褐色になりますよね。同じ反応が人の肌や体でも起こっているのです。

食事などで必要以上に摂取した糖質は、体内のタンパク質や脂質と結びつき「糖化反応」を起こし、様々な反応を経て最終的に褐色を伴うAGEs・・・・Advanced(進んだ)Glycation(糖化の)End Products(最終生成物)という物質に変化します。

肌にAGEsが蓄積すると、それは固くて褐色調のため、肌全体を黄色っぽくくすませます
また、ハリや弾力を与える真皮層のコラーゲンやエラスチンが糖化すると、弾力が失われ、シワやたるみを進行させます。
さらに、AGEsが血管に蓄積すると動脈硬化が起こり、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めるという訳です。

糖化反応は、糖質の過剰な摂取などで血糖値の急激な上昇が起こり、
余分な糖分がタンパク質と反応することで起こりやすくなります。

また、紫外線のUVAは真皮に到達し、AGEsとともにコラーゲンやエラスチンにダメージを与え老化を促進することが判っています。

エルボパーフェクトオールインワンジェルの主成分であるLOQZIN®(ロクジン)には、遺伝子発現を促すことで、血糖を下げる働きをもっています。毎日のスキンケアで糖化を防ぎ、黄ぐすみや炎症によるシミ、クスミの予防となるのです。食事やスキンケアを見直し、抗酸化はもちろん、抗糖化を意識したケアがこれからは注目されてくると思います。

 

エルボ パーフェクトオールインワンジェルで遺伝子レベルのケア=黄ぐすみ予防

五島列島奈留島の良質な水と土に育つたくましい自生のびわ。その『びわ』を手摘みし、実・種・葉をまるごと発酵させたエイジングケア*エキス「LOQZIN®」を高配合した、化粧水、美容液、乳液、クリーム、パックの5機能を持つオールインワンジェルです。ジェルというみずみずしいベースを採用することで、水に溶け込んだびわエキスの美肌成分がすみやかに深部に運ばれるというエイジングケア*プロセスが叶いました。洗顔後、じっくりと肌になじませるだけですみやかにキメが整い、角質層の細胞膜に水分が行きわたって深いうるおいが続きます。継続して使用することで、肌の質感や本来のすこやかさが、強く美しく整っていく実感が得られます。

<LOQZIN®(ロクジン)の遺伝子活性化による働き>
PPARα(ピーパー・アルファ)遺伝子の活性化→炎症を抑える(肌の赤みを抑える)
PPARβ(ピーパー・ベータ) 遺伝子の活性化→創傷治癒の促進(キズを早く治す)、皮膚のバリア機能を強くする
PPARγ(ピーパー・ガンマ)遺伝子の活性化→血糖を下げる(糖化を予防する)

エルボUVクリーム〈SPF26/PA++〉で紫外線ケア=お肌の老化予防

キャッツクローと有効成分フラーレンの黄金比率の配合で紫外線から肌を守り、しっかりと潤いを与えます。
植物成分をたっぷりと配合。ノンケミカル処方なので肌に負担がかかりません。
肌への圧迫感が少ない使い心地です。〈SPF26/PA++〉

Scroll TOP