¥5,400 以上購入で送料無料

HerbEAU

Blog & Column

エルボのモノ、コト、ヒト

October 12th 2017 

枇杷の歴史〜仏教の経典、中国の医学書「中薬辞典」より〜

施薬院でも栽培された『びわ』。
日本のマザーテレサといわれる光明皇后(聖武天皇の皇后/701-760年)が奈良時代に設立した「施薬院(せやくいん)」は、病で苦しむ人々のための治療所。ここでは多くの薬草が栽培されており、『びわ』を使った療法も盛んだったといいます。

「葉」
肺を清め、胃を和ませる。
痰や咳、嘔吐を治す。
(『中薬大辞典』より)
もっとも薬として親しまれてきた部位。民間療法では、湿疹やあせもなどの肌の症状や、筋肉痛の際には葉を直接肌に貼り、湿布のようなかたちで活用されました。

「果実」
熱、吐血、鼻血、嘔吐を治す。
小児のひきつけと発熱を治す。
(『中薬大辞典』より)
枇杷の実はビタミン、クエン酸が豊富です。

「種」
痰を切り、咳をとめる。
(『中薬大辞典』より)
最新の研究では、種子のエキスには活性酸素に対して抑制的に働き、強い抗酸化作用があることが明らかにされています。



葉・果実・種の全てが活用されてきた枇杷
に着目し、
日本固有のフィトテラピーを発信するべく開発したのが
「エルボ パーフェクトオールインワンジェル」です。


太陽とミネラル豊富な潮風をふんだんに浴びてのびのびと育った、
長崎・五島列島に自生する原生種の『びわ』を満月の夜に手摘み。
葉・果実・種を丸ごと発酵させたエキス「LOQZIN®(ロクジン)」を高配合したオールインワンジェルです。
フィトテラピーとコスメシューティカルの融合から生まれたオールインワンジェルは、肌に優しいだけでなく、積極的なスキンケア、エイジングケアができます。


《エルボ パーフェクトオールインワンジェルはこんな方におすすめ》

エイジングケア(※)を積極的にしたい方
時短でもしっかりケアできるアイテムをお探しの方
肌が弱く、何を使っていいかお悩みの方

※年齢に応じたケア

エルボ パーフェクトオールインワンジェルの詳細はこちら

Scroll TOP